これからどうすればいい?荷物を紛失した場合

間違えて荷物を取られてしまったのかも?

スーツケースは流行もあり、様々なタイプのものが販売されています。しかしスタンダードな製品を持つ方が多いので荷物の取り違いはとても多いのです。これが国内であれば現地で調達できますし、海外であっても観光目的であれば現地で服を購入するという手だてもあります。しかしビジネス目的や重要な書類が入っている場合はそうも言っていられません。
この荷物の取り違えの原因はスーツケースの見た目で荷物を取っているためです。本来であればバゲッジクレームという数字が表記されているタグを見るべきなのですが、気にせずに自分のものだととってしまう方が多いのです。
またビザやパスポートを紛失してしまうケースもありますが、この場合有料でウェブ手配が出来る場合もありますが、多くの場合は不可ですのでビザやパスポートは入念に確認しましょう。

必ず航空会社へ確認を

荷物を紛失してしまった場合は、即座に航空会社へ確認をしましょう。アナウンスをしてくれるケースもありますし、タイミングがよければすぐに見つかりますので慌てる前に担当者を呼ぶのが重要です。
またスーツケースに目立つ飾りやワンポイントをつける事で、トラブルを回避できます。これらがどうしても難しいという場合は、手荷物の中に貴重品はもちろんの事、1~2日分の着替えを持っておくというのも手段の一つです。また現時点では荷物が見つからなくとも、相手が気づいた時点で連絡が来る事もあるので紛失してしまった時は気が気ではないと思いますが、気長に待つ事も大切です。
紛失ではなく盗難の場合は残念ながら、航空会社にお任せしましょう。